オリジナルプログラムB

「演劇入門」作:平田オリザ


 プログラムディレクター:横山真 ー 劇団 丸福ボンバーズ

 

ハウ・ツー本によるリーディング、上演時間約45分

「演劇のリアル」とはなにか。「現実のリアル」とどう違うのか。戯曲を書くには、まずどういう事柄か ら考察する必要があるのか。そして、演出と俳優、さらには演じる側と観る側との関係にどういう可能性 があるのか......演劇とは誰にも開かれた表現形態であると考える筆者が、西洋と日本の演劇史も踏まえな がら、現在、そして未来の演劇人に向けて、惜しみなく自らの作劇の手法を書いた一冊。昨年のフリンジ プログラム、待望の再演。


 講談社現代新書「演劇入門」

 

日時:12月23日(土) 16:00 | 24日(日) 11:00/18:00 | 25日(月) 16:00 | 26日(火) 16:00

  

 受付・開場 30分前
 ※上演前に飲食の提供があります。
 ※開演15分前までにご来場ください。
 ※本公演はプレイガイドでの発券はございません。

 

会場:和醸良酒 ○たけ

 仙台市青葉区大町2-4-1 グランドソレイユ大町1F     ☎022-266-5541

 

料金:3,000円(酒肴弁当とワンドリンク付き)
 
出演:菊地佳南 ー 青年団 松崎太郎 小畑次郎 ー 他力舎

 


 

 
横山 真 (よこやま まこと) ー 丸福ボンバーズ
演劇家。高校時にTheatreGroup“OCT/PASS” 座長の石川裕人と出会い、演劇の魅力と力を知る。高校卒業後東京で12年間活動を行い、かつて石川と交わした「また仙台で一緒にやろう」という約束を果たすため『方丈の海』への出演を機に帰仙、OCT/PASS劇団員と して拠点を仙台へ移す。2016年10月のOCT/PASS解散後、1年間のフリーを経て丸福ボンバーズ所属に。決して器用ではないが、執念とも言える向き合い方で役を掴んでゆくその姿勢に信頼を置く劇作家・演出家は多い。
 
 


和醸良酒 ○たけ


17:30~24:00
(L.O.23:30)
定休日:日曜日・祝日

 

 

 
杜の都の演劇祭2016-ひろがって-